写真家 田尻健二のウェブサイト(Ver.3)。撮影した写真・展示情報・写真をはじめとしたアート情報などを掲載。今後の展示予定:2018年4月14日〜6月17日 HOTEL ANTEROOM KYOTO「NEW JAPAN PHOTO EXHIBITION(KYOTOGRAPHIE KG+ SPECIAL EXHIBITION)」、7月31日〜8月5日 Roonee 247 Fine Artsで自身の企画による写真のグループ展「Diversity vol.1」、11月12日〜11月18日 トキアートスペースにて個展「症状の肖像」

アーティストバイオグラフィーの書き方の参考になるページ

少し前に「私説:アーティストバイオグラフィーはセルフブランディングに欠かせないアーティストとしてのアイデンティティの表明」という記事を書きましたが、そのアーティストバイオグラフィーの書き方の参考になりそうなページを見つけました。

先日までスパイラルホールで開催されていた「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展 帰国展」の参加アーティストの紹介ページです。
「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展」日本現代美術のグループ展をキューバ初開催 展覧会コンセプト・作家紹介

みなさん、簡単な経歴と共に、作風を代表作に紐付けながら説明されているので、抽象的になり過ぎず、とても解りやすい内容になっているように思えます。

ポイントは代表作の提示です。この方式なら必然的に具体性を帯びるため、ポエムと揶揄されるような事態も避けられると思います。
また書き方に迷うことも少なくなるのではないでしょうか。
(ただし作品名の羅列ではCVと大差なくなってしまいますので、ご注意ください)

私もこのように書けば良かったと後悔しています…
ですので自分のサイトの分だけでも、いずれ書き直そうと思っています。

追伸)展示も、とても素晴らしいものでした。
関連記事:スパイラルガーデン「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展 帰国展」〜高嶺格氏の作品感想




写真家 田尻健二
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。