写真家 田尻健二のウェブサイト(Ver.3)。撮影した写真・展示情報・写真をはじめとしたアート情報などを掲載。今後の展示予定:2019年10月2日~10月9日 ART TRACE GALLERY「作家と本棚」

ART TRACE GALLERY「作家と本棚」展示概要

参加作家:
広瀬 真咲 Masaki Hirose
太田 翔 Tsubasa Ota
田尻 健二 Kenji Tajiri


スケジュール:

2019年10月2日(水)~10月9日(水) 12:00~19:00 会期中無休
October 2 – October 9, 2019 12:00-19:00 Opens throughout the period

イベント
10/5 17:00~お茶会、18:00~18:30 広瀬真咲茶会二芸*本棚に棲む鳥*
(ソロパフォーマンス、リーディング。太田翔の人形との共演。)

10/6 14:00~16:00終了予定 自由連想法を取り入れた集合的な物語(神話)の創造を試みるワークショップ
(ゲストファシリテーター~斉藤正勝氏、理論的説明~田尻健二)

※イベント両日いづれも入場無料
なお、10/6のワークショップの内容や開催時間は変更となる可能性があります


展示概要:

友達の家に遊びに行った時、ヒトの本棚を見てわくわくした記憶がある。
本棚にある本は、そのヒトの知らない一面を垣間見たり、また、自分にまったくなかった視野を与えてくれる刺激がある。ましてや、創作活動を行う作家の書斎にはどんな本が眠っているのだろうか。本展では作家の創造物である作品と共に、彼らの本棚を提示することで、通常の展覧会にはない視覚を啓くものである。

大展示室および全体企画者 広瀬真咲

大展示室(Room A)
参加作家が作品と共に、日々の制作のバックボーンとなる書籍を「本棚」の形で公開

本棚には持ち主の精神内界が色濃く反映され、それゆえ他人の本棚を覗くことは、思考その他の精神内界に触れることにも通じる。そこでこのような本棚の作用を更に拡張するものとして、精神分析の「自由連想法」を援用した作品の展示を試みる。

小展示室企画者 田尻健二

小展示室(Room B)
本棚の概念を拡張するものとして、精神分析家のフロイトが無意識を意識化するために開発した「自由連想法」を集団レベルで行い、その連想内容を蓄積して行く作品を展示


ART TRACE GALLERY

〒130-0021 東京都墨田区緑2-13-19 秋山ビル1F
1F,Akiyama bldg.,2-13-19,Midori,Sumida-ku,Tokyo 130-0021,JAPAN

e-mail: gallery@arttrace.org
TEL: 050-8004-6019

JR総武本線両国駅東口から 徒歩9分
都営大江戸線両国駅A5出口から 徒歩5分


作家ウェブサイト:

広瀬 真咲 http://biologyofmasaki.blog.fc2.com/
太田 翔 https://hnaoto.com/hism/otatsubasa.html
田尻 健二 https://photographer-kenji-tajiri.site/portfolio/




写真家 田尻健二
この記事を書いた人
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。